学校のレポートで注意

学校のレポートと著作権

学校に出すレポートと著作権

著作権は文化的な創作物に認められます。学校に出すレポートも著作物ですから、教師が添削していないオリジナルであれば、教師に相談することなく、学生はサイトにアップするなど、著作物を利用できます。問題は、学校に提出するレポートの素材として、サイトにアップされている画像や文章を作者に無断で利用できるか、ということです。画像も文章も作者の著作物ですから、著作者に無断で利用できません。ただ、作者は情報アップロードの段階で、自分の作品が利用されることを認めていることも多いです。しかし、サイトに「不許複製」などと記載されている場合は、無断で利用できません。また、サイトから得た情報を自分のオリジナルとして利用することもできません。利用できる場合でも、利用の際に出自を明記するのが礼儀です。

レポートを書く時のポイント

学校では様々な内容のレポートが要求されます。評価が低かったり、やり直しを求められる場合、まとめ方に問題があるのかもしれません。まずは、何を書きたいのか、伝えたいのかを別の紙に書きだし、要点を掴みましょう。いらない部分は削除し、必ず書きたい部分は内容を簡潔にまとめましょう。また、用紙にびっしりと書くのではなく、余白を上手に使いながら、見やすい記事を心がけましょう。行間や文字間に余裕を持たせながら書くと、スッキリと読みやすい文章になります。学校でレポート作成の練習を重ねていれば、社会へ出ても簡潔で読みやすい文書を作れるようになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校のレポートの書き方 All rights reserved