学校のレポートで必須

学校のレポートと参考文献

学校のレポートに参考文献の記載

参考文献とは、自分が文章を作成するうえで参照した文書や書籍のことを指します。学校で出される課題レポートには、必ずこれを記載しなければなりません。記載する際には、主に文献の題名や著者もしくは編集者、そして出版社と出版された年を、本文の最後あるいは欄外に明記します。また、本文中に文献の内容から引用する場合には、それが自分の考えではなく他者のものから引いているということを明示する必要があります。学校で採点される先生には参考文献が記載されているかどうかをまず確認される方が多いので、学会などで発表される論文ではないからといって怠ってはいけません。字数指定や難しい内容の課題など慣れないレポートの作成は大変ですが、基本を押さえて取り組んでいきましょう。

学校のレポートを何よりも優先

学校の授業を受ければ必ず宿題が出されます。その宿題の中でも難しいのが課題レポートになります。この宿題は、生徒の理解度を知るための手段であり、他にまとめる能力や見せ方など、どれだけ工夫できるかまでチェックされます。適当に済ませる生徒は当然成績は低くなり、しっかり細部までこだわったものであれば最高点がつきます。学校の宿題はもちろんですが、特に課題レポートの場合は最も力を入れるべき宿題であることを知っておきましょう。この取り組みは将来にまでつながり、仕事力に直結する大切な練習と言えるので、時間をかけて真剣に取り組む必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校のレポートの書き方 All rights reserved